03-5348-6601 法律相談初回相談無料です。(1時間)
お気軽にお問合せください。
営業時間
9:00-17:30

給料・残業代請求

  1. 伊井・真下法律事務所 >
  2. 労働問題に関する記事一覧 >
  3. 給料・残業代請求

給料・残業代請求

今や深刻な社会問題となっている残業代の未払いは、会社が従業員に対して負う賃金の支払い義務を怠る行為です。
会社は、民事上の責任を当然に負いますが、労働基準法が刑事責任についても予定していることから、悪質な場合には、刑事上の責任も負うことになります。

■証拠収集
残業代の未払いの請求を考えている場合、まずは証拠の収集が重要となります。

有力な証拠として、雇用契約書や就業規則のコピーといった関係書類、タイムカードや日報・勤務記録などの始業・終業時刻を立証できるもの、残業指示書などといった残業内容を証明できるものを用意する必要があります。

■実際の請求方法
証拠が集まったら、具体的にはどのような手段で残業代の未払い請求をすればいいのでしょうか。

①会社と直接交渉する
会社と労働者が直接話すことで、早期解決をはかることができますが、そもそも会社側が話し合いに応じてくれるかが問題となります。労働者が今後もその会社に在籍する場合、さらなるトラブルが生じる可能性もあります。

②労働基準監督署に申告する場合
匿名で申告することができたり、きちんとした証拠を揃えていれば、正確な残業代の計算を行ってくれるなど、社外の相談先として適しています。

③通常の訴訟で請求する場合
裁判所に訴えを起こし、未払い残業代を請求する方法です。弁護士の依頼費用や、裁判が公開されるため実名が公になるなど、いくつかのデメリットはありますが、残業代の未払い分に加えて、労働基準法上の割増賃金と同額の付加金、また遅延損害金についても同時に請求することができます。

④労働審判で請求する場合
「労働審判」とは、労働問題の早急な解決をするための法的手続きをいいます。通常の訴訟よりも短期間での解決を期待することができます。


以上が、残業代の未払い請求の説明となります。残業代の請求には2年という時効があるため、実際に請求する場合には、迅速な対応が必要となるので注意しましょう。


伊井・真下法律事務所では、新宿区、杉並区、世田谷区、渋谷区を中心に、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の地域で、残業代計算、支払い督促の流れ、残業時間の上限、といった労働問題に関するご相談を承っております。
お悩みの際には当事務所までご相談ください。

支払督促の詳細はこちらをご覧ください。

伊井・真下法律事務所が提供する基礎知識

  • 建物明け渡し・立ち退き

    建物明け渡し・立ち退き

    家賃を滞納してる借主に対しては、最後の手段として建物明け渡しや立ち退きの手続きを行うことになります。こ...

  • 財産分与

    財産分与

    (1)財産分与とは 「財産分与」というのは、結婚生活の中で、夫婦で協力して築き上げてきた財産を清算し、...

  • 婚姻費用

    婚姻費用

    (1)婚姻費用とは 「婚姻費用」とは、別居中の夫婦の生活費や養育費などの婚姻生活を維持するために必要な...

  • 任意売却

    任意売却

    任意売却とは、競売によらずに不動産を売却することを指します。不動産を任意売却する際には、必ずしも弁護士...

  • パワハラで有効な証拠

    パワハラで有効な証拠

    ■証拠の重要性 証拠の確保はパワハラに対応するために必要です。裁判になった場合、仮にパワハラが本当にあ...

  • パワハラ・セクハラ

    パワハラ・セクハラ

    ■セクハラについて セクハラとは、一般に、性的な嫌がらせによって相手方に不快な思いをさせることをいいま...

  • 土地の境界線

    土地の境界線

    土地の境界線はその名の通り、土地の所有者を分割する境界のことです。土地の境界線には、隣地との境界線であ...

  • DV・暴力

    DV・暴力

    DVは、日本の離婚原因の上位に上がっています。DVの場合、自ら離婚の話をしてしまうと、ひどい暴力を振る...

  • 養育費

    養育費

    (1)養育費とは 養育費とは、子供を育てていくために必要な費用のことを言います。養育費は、子供と一緒に...

よく検索されるキーワード

ページトップへ