03-5348-6601 法律相談初回相談無料です。(1時間)
お気軽にお問合せください。
営業時間
9:00-17:30

相続放棄

  1. 伊井・真下法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 相続放棄

相続放棄

■相続放棄とは?
相続放棄とは、相続人としての権利の一切を放棄する意思表示です。相続放棄を行った相続人は、相続の開始時(すなわち、被相続人が死亡したとき)から相続人ではなかったとみなされます(939条)。

これにより、例えば被相続人が多額の借金を背負っていたような場合に、その返済義務を免れることが可能になります。

相続放棄を行うためには、死亡後3カ月以内に管轄の家庭裁判所で必要書類を提出しなくてはなりません。必要書類には、申述書の他に、被相続人の戸籍謄本と住民票除票(または戸籍附票)、届け出る人の戸籍謄本、収入印紙(800円)などがあります。

この3カ月という期間を過ぎてしまうと、単純承認として処理され、被相続人の遺産のすべてを相続人が承継することになります。相続放棄の手続きは、期限を意識して進めていく必要があります。

■限定承認と相続放棄、どちらを選ぶべき?
被相続人に負の遺産が多かったという場合には、限定承認を行うという選択肢もあります。

限定承認とは、相続財産のプラスの財産の範囲内でマイナスの財産を承継するという意思表示です。例えば、プラスの財産が1500万円、マイナスの財産が2000万円だった場合、限定承認を行うと、相続人は1500万円の負債についてのみ返済義務を負い、残部の500万円については返済義務を負わないことになります。

限定承認が適しているのは、相続財産が合計でプラスになるのか、マイナスのなるのかが不確かな場合です。このような状況では、限定承認を行っておけば、プラスの財産をとり逃すことなく、事故の財産を犠牲にするリスクを回避することができます。

一方で、負の財産が多いということが明らかな場合には、最初から相続放棄を行ってしまった方が、返済の手間もかからないでしょう。

伊井・真下法律事務所は、新宿に事務所を構え、離婚・相続・労働問題等に関するご相談を承っております。法律相談初回1時間無料ですので、離婚に関してお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

伊井・真下法律事務所が提供する基礎知識

  • 遺産の使い込み

    遺産の使い込み

    ■遺産を使い込まれてしまった 遺産の使い込みとは、例えば、相続財産の一部である銀行預金を無断で引き下ろ...

  • 不当解雇と正当な解雇の違い

    不当解雇と正当な解雇の違い

    ■正当な解雇の条件 正当に解雇するための要件は、労働法によって定められています。そして、不当解雇と正当...

  • 不動産売買の契約書で注意すべきポイント

    不動産売買の契約書で注意すべきポイント

    ■契約書がもつ意味 民法上、契約は当事者の意思表示だけで有効に成立します。したがって、契約書を作成しな...

  • 代襲相続とは?

    代襲相続とは?

    ■代襲相続の意味 相続では、被相続人(亡くなった人)の親族や遺言書に記載された人が遺産を取得します。こ...

  • セックスレス

    セックスレス

    セックスレスの原因や、セックスを拒む相手の本心が分からず、悩みを抱えている夫婦が多数存在します。 特...

  • 渋谷区の立退き交渉に強い弁護士をお探しの方

    渋谷区の立退き交渉に強い弁護士をお探しの方

    不動産の賃貸において、家賃を滞納するなど、悪質な行為をする借主には、交渉の末立ち退きを求めることができ...

  • 借金・浪費

    借金・浪費

    配偶者の借金や浪費を原因として離婚する場合、離婚する前に、配偶者が作った借金の返済義務があるかを確認す...

  • 相続人調査の流れ~弁護士に依頼するメリットも併せて解説~

    相続人調査の流れ~弁護士に依頼するメリットも併せて解説~

    ■相続人調査とは 相続人調査とは、相続財産を具体的に分割する前段階として、相続人に当たる人を探し出すこ...

  • 建物明け渡し・立ち退き

    建物明け渡し・立ち退き

    家賃を滞納してる借主に対しては、最後の手段として建物明け渡しや立ち退きの手続きを行うことになります。こ...

よく検索されるキーワード

ページトップへ