03-5348-6601 法律相談初回相談無料です。(1時間)
お気軽にお問合せください。
営業時間
9:00-17:30

別居

  1. 伊井・真下法律事務所 >
  2. 離婚に関する記事一覧 >
  3. 別居

別居

前提として、民法752条は、「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。」と定めており、夫婦には同居義務があるとしています。 この義務に反した相手方の意向を無視した一方的な別居は、民法上定める離婚原因の一つである「悪意の遺棄」(770条1項2号)に該当する場合があります。 したがって、別居にあたっては、同居義務違反と評価されないため、悪意の遺棄と評価されないための正当な理由が必要になります。
正当な理由にあたる場合は、例えば、①相手方のDVやモラハラを避けるため、②相手が離婚に応じてくれない、③相手方の不貞が原因、④双方の同意がある場合などが挙げられます。

以上のような同居義務があるものの、離婚するとき、離婚前に別居する夫婦が多いです。別居したからと言って必ずしも離婚が認められるわけではありませんが、一定期間別居期間をおくことによって離婚を認めてもらいやすくすることができます。別居期間が長くなることで、夫婦関係が破綻していると認定されやすくなるからです。

別居する場合、婚姻費用の問題が生じます。婚姻費用とは、別居中の夫婦の生活費や養育費などの婚姻生活を維持するために必要な費用のことをいいます。衣食住の費用のほか、子どもの養育費・教育費などのおよそ夫婦が生活していくために必要な一切の費用がこれに含まれます。法律上、夫婦はその収入に応じて、婚姻費用を分担する義務を負っています(民法760条)。この義務は、別居していても、法律上の夫婦である限りなくなることはありません。そのため、場合によっては婚姻費用分担請求をすることができます。

伊井・真下法律事務所は、新宿に事務所を構え、離婚・相続・労働問題等に関するご相談を承っております。法律相談初回1時間無料ですので、離婚に関してお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

伊井・真下法律事務所が提供する基礎知識

  • DV・暴力

    DV・暴力

    DVは、日本の離婚原因の上位に上がっています。DVの場合、自ら離婚の話をしてしまうと、ひどい暴力を振る...

  • 離婚回避

    離婚回避

    離婚請求されたり、夫婦関係が冷え切ってしまったりした場合でも、離婚を回避したい場合は冷静に対応する必要...

  • 労働問題に関するご相談は伊井・真下法律事務所にご相談ください

    労働問題に関するご相談は伊井・真下法律事務所にご相談ください

    職場においてトラブルを抱えてしまった場合、問題解決に当たり、証拠収集や書類作成、訴訟の準備など、複雑な...

  • 相続放棄

    相続放棄

    ■相続放棄とは? 相続放棄とは、相続人としての権利の一切を放棄する意思表示です。相続放棄を行った相続人...

  • 慰謝料

    慰謝料

    (1)慰謝料とは 不貞行為や虐待など相手方の有責行為によって離婚せざるをえなくなり、それによって精神的...

  • 遺産相続のトラブル

    遺産相続のトラブル

    ■遺産相続にはトラブルがつきもの? 遺産相続は、親族間で高額な財産の承継先を決定するという性質上、もめ...

  • 離婚請求

    離婚請求

    ある日突然、一方的に離婚したい旨申し出られたら、パニックに陥るでしょう。 頭の中が混乱し、適切な判断...

  • 任意売却

    任意売却

    任意売却とは、競売によらずに不動産を売却することを指します。不動産を任意売却する際には、必ずしも弁護士...

  • 親権

    親権

    (1)親権とは 「親権」とは、未成年者の子供を保護・養育し、その財産を管理し、子供の代理人として法律行...

よく検索されるキーワード

ページトップへ