03-5348-6601 法律相談初回相談無料です。(1時間)
お気軽にお問合せください。
営業時間
9:00-17:30

財産分与

  1. 伊井・真下法律事務所 >
  2. 離婚に関する記事一覧 >
  3. 財産分与

財産分与

(1)財産分与とは
「財産分与」というのは、結婚生活の中で、夫婦で協力して築き上げてきた財産を清算し、夫婦それぞれの個人財産に分けることをいいます。
財産分与は離婚問題の中でも特に揉めることが多い事柄です。自分が財産のうち何割貰うべきかを考えて主張し、欲しい財産の優先順位を付けて、時には妥協もしつつお互いの主張を擦り合わせて行っていくことが大切です。

(2)財産の確定
財産分与をする場合,まず、財産分与の対象となる財産を確定する必要があります。

・財産分与の対象となるもの(=共有財産)
婚姻中に夫婦が協力して取得した財産といえるものであれば、財産分与の対象となりえます。なお、夫婦が保有する財産のうち、婚姻中に取得された財産は、名義を問わず、共有財産であることが推定されます。そのため、夫婦の共同名義になっている財産はもちろん、夫婦の片方の名義になっている場合にも財産分与の対象となることがあります。

・財産分与の対象とならないもの(=特有財産)
財産分与の対象にはならない財産として,「特有財産」というものがあります。特有財産とは,「婚姻前から片方が有していた財産」と「婚姻中であっても夫婦の協力とは無関係に取得した財産」のことをいいます(民法762条1項)。前者には、例えば独身時代に貯めていた定期預金や嫁入り道具などが挙げられ、後者には婚姻中に発生した相続によって得た不動産や個人で購入した株券などが挙げられます。これらは離婚するにあたって、各自で引き取ることになります。

(3)財産分与の額
財産分与の割合は1:1が基本です。そのため、例えば、妻が専業主婦であり、夫だけに収入がある場合であっても、夫婦の共有財産の財産分与の割合は,原則1:1になります。もっとも、財産分与の割合は、財産の形成や維持に夫婦がどの程度貢献したのかという点に着目して決めていくことになるため、具体的な事案ごとに修正されます。

伊井・真下法律事務所は、新宿に事務所を構え、離婚・相続・労働問題等に関するご相談を承っております。法律相談初回1時間無料ですので、離婚に関してお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

伊井・真下法律事務所が提供する基礎知識

  • 遺産の使い込み

    遺産の使い込み

    ■遺産を使い込まれてしまった 遺産の使い込みとは、例えば、相続財産の一部である銀行預金を無断で引き下ろ...

  • 給料・残業代請求

    給料・残業代請求

    今や深刻な社会問題となっている残業代の未払いは、会社が従業員に対して負う賃金の支払い義務を怠る行為です...

  • 借金・浪費

    借金・浪費

    配偶者の借金や浪費を原因として離婚する場合、離婚する前に、配偶者が作った借金の返済義務があるかを確認す...

  • 婚姻費用

    婚姻費用

    (1)婚姻費用とは 「婚姻費用」とは、別居中の夫婦の生活費や養育費などの婚姻生活を維持するために必要な...

  • パワハラ・セクハラ

    パワハラ・セクハラ

    ■セクハラについて セクハラとは、一般に、性的な嫌がらせによって相手方に不快な思いをさせることをいいま...

  • モラハラ

    モラハラ

    モラハラ、正式名称モラルハラスメントは、配偶者の言動がきつく、トゲのあることが増えてきた場合に、疑うべ...

  • 遺言作成

    遺言作成

    ■遺言には種類がある 遺言に法的効力を持たせるためには、民法上の要件に沿って作成する必要があります。民...

  • 離婚回避

    離婚回避

    離婚請求されたり、夫婦関係が冷え切ってしまったりした場合でも、離婚を回避したい場合は冷静に対応する必要...

  • 財産分与

    財産分与

    (1)財産分与とは 「財産分与」というのは、結婚生活の中で、夫婦で協力して築き上げてきた財産を清算し、...

よく検索されるキーワード

ページトップへ