03-5348-6601 法律相談初回相談無料です。(1時間)
お気軽にお問合せください。
営業時間
9:00-17:30

離婚請求

  1. 伊井・真下法律事務所 >
  2. 離婚に関する記事一覧 >
  3. 離婚請求

離婚請求

ある日突然、一方的に離婚したい旨申し出られたら、パニックに陥るでしょう。

頭の中が混乱し、適切な判断ができなくなり、誤った対応により取り返しのつかない事態に至る恐れもあります。

では、パートナーから一方的に離婚請求された場合、どのように対応すればよいのでしょうか。
以下説明していきます。

配偶者が急に離婚をする場合、無断で離婚届を書いて届け出をしてくる場合があります。

一方の同意のない場合でも、不備がない限り役所に受理されてしまい、その時点で離婚が成立してしまいます。

このような強行的な離婚の成立を防ぐために、離婚届不受理申出書を提出しておく必要があります。
提出に理由は必要はなく、提出しておけば、相手が勝手に離婚届を出しても受理されることはありません。

では、一方的な離婚請求が行われた場合、どのように対応すればよいのでしょうか。

基本的にr婚を受け入れるか否かは、離婚を請求された側の選択次第となります。
離婚届に署名しない間は、裁判にならない限り離婚は成立しないこととなります。

もっとも、離婚を拒絶し続けてると、離婚を請求する側は、裁判で離婚することになるから諦めるよう請求します。

しかし、裁判で離婚判決を行うには、不貞行為、悪意の遺棄、3年以上の生死不明、回復の無い強度の精神病、離婚を継続し難い重大な理由の、法律上の離婚原因に該当する必要があります。

そのため、離婚原因に該当しない限り、一方的に離婚請求することは認められません。

以上より、一方的に離婚請求された場合にも、請求された側の選択に委ねられているため、冷静に対応していくことが重要です。

伊井・真下法律事務所は、新宿区、杉並区、世田谷区、渋谷区を中心に、労働、相続、不動産トラブル、離婚、金銭問題など幅広い問題に対応しております。
さまざまな分野の問題の相談に親身に応じますので、お困りの際は、是非当事務所までご横断ください。

伊井・真下法律事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

ページトップへ